英語

go toなのかgoなのか、中学英語で習う動詞go等に続けて使うことの多い、場所(〇〇へ)を表す副詞調べました

みみずく
みみずく
中学英語で習う「場所」を表す副詞の中で、goやcomeに続けて使う事の多い単語をまとめました。

副詞って何?

「副詞」とは、文法用語の一つで、名詞以外の語句を修飾する単語です。
副詞には様々な種類の言葉があります。

例えば、
頻度を表す(often等)
程度を表す(very等)
時間を表す(just等)
状態を表す(well等)
等々です。

みみずく
みみずく
修飾する先は動詞でも形容詞でも副詞でも文全体でもいいから、いろんな副詞があります!
[広告]

場所(〇〇へ)を表す副詞にはどんな特徴がある?

「行く(来る)」を意味する動詞の「go」や「come」は、後ろに目的語を置かない自動詞です。

~へ行くを表現するには 「go to ~」と書く必要があります。

I go to school. (私は学校へ行く)

しかし、場所を表す副詞を使う場合はtoがいりません。

I go there. (私はそこへ行く)

みみずく
みみずく
場所を表す副詞を覚えておくと英作文のミスが減りますよ!

場所を表す副詞

there そこへ

I go there. (私はそこへ行く)

here ここへ

I will come here again.(私はまたここへ来ようと思う)

home 家へ

I came home.  (私は家に帰ってきた)

I go to your home. (私はあなたの家へ行く)

homeには名詞(家)としての使い方もあるので注意!
「〇〇の家」等、名詞として使う時は、goやcomeの後ろにはtoを入れる必要があります。

abroad 海外へ

I’m going to go abroad to study English. (私は英語の勉強の為に海外へ行く予定だ)

anywhere どこにでも

I will go anywhere. (私はどこにでも行く)

upstairs 上階へ

I went upstairs to talk to him. (私は彼と話をする為に階段を上がった)

downstairs 階下へ

I went downstairs and opened the door. (私は階段を下りてそのドアを開けた)

where[文] [文]の所へ

I go where you go. (私はあなたの行く所へ行く)

最後に

みみずく
みみずく
場所を示す副詞は他にもありますが、中学英語でgoやcomeの後ろに続ける事の多い単語に厳選してまとめました。
お役に立てば嬉しいです。

~気軽に基礎教養を身につけたい人へ~

中学講座ですが大人も入会できて、小4から大学受験生までの講義動画が見放題です。
親子一緒のお勉強にも使えますね!
からくりみみずくは学びなおしに利用しています。

14日間無料なので、見たいテーマだけ視聴するなら無料期間の利用で間に合います。ちょっとおススメです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA